車査定 たった1分で最高額



査定額を上げるために無理に修理をする必要はない
車の査定→買取を過去2回程度経験したので自信を持って言えますが、車のバンパーに関するキズは気にしても意味が無いですね。

車のキズで一番多いのが(統計的にどうかまではわかりませんが)、フロンとリアのバンパーの各コーナーつまり車の4隅の部分じゃないでしょうか。

程度の差こそあり、擦りキズがあったり、塗装がはげたりしている車は珍しくはないですよね。
で、このキズを修理しようと思ったら、平気で5万なんてかかるし、友人が軽でバンパーを擦ったので修理したら12万だったなんてケースもありましたから、それを超える査定をして貰えないと意味ないですよね。

しかし、バンパーを修理しただけでそれ程査定額が変わるなんて、まずありません。
というか、裏返して言えばバンパーの傷はそれ程査定で大きくマイナスにはなっていないと言うことでもあるわけです。
まあ、これは中古車を買う立場で考えてみればわかると思います。少々の擦り傷や塗装ハゲが車体本体ではなくバンパー部分のみであれば、ダメージとして深刻には考えないですよね。極論すれば見た目の問題だけとも言えます。

他の状態、例えば内装だとかエンジンの状態にも問題はなく、手入れやメンテナンスも程ほどしっかりやってあるとナレバ、後はその中古車が値頃価格であるなら買っても良いと思う場合があると思うんですよ。
では、バンパー以外の部分については、キズやへこみ、塗装はげ等がある場合、修理代を上回るぐらい査定額が修理しない時より上昇するかどうか。

これはケースバイケースですが、はっきり言えることはかなり年式や走行距離がいっていて、特にプレミアム車でもない車ならそもそも無傷であってもそんなに査定額は付かないですよね。にもかかわらず、10万前後の修理費をかけてその費用を上回る査定額が出るかと言えば、皆無とまでは言いませんが厳しいですよね。

ということで、キズがついてしまった愛車を売る場合は例えば知り合いの板金屋さんがタダで修理してくれたなんてことでもない限り、査定額が上がったとしても修理代をカバー出来るケースは少ないので、無理に修理する必要はないと言うことです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。