査定業者はいったいどこを見ているのでしょうか?

K様 体験談

これまで何度か車の査定をして貰ったことがあります。
そして実際に車を下取りして貰ったことも、買取して貰ったこともあります。

1度目の車は買い替えによる下取りでした。
新車の状態から5年ほど乗りましたが、こすった傷もたくさんついていました。

2度目は完全な買取です。
こちらも新車の状態から5年乗りましたが、以前の車とは比べ物にならないくらい中も外もきれいで、目立った傷もありません。

そして二つの車の新車の時の値段は少し2台目の方が高いものの、大体価格帯は同じようなものです。

実際の査定金額は1台目が60万円、2台目が40万円弱でした。
私は車に関して全くの素人です。
査定の際もどこのような所を重点的に見られているのかはよくわかりません。
値段の交渉なども上手ではないので、業者のいうなりです。

1台目は買い替えなので次の車を買う販売店で比較的高値で買い取って貰ったのは道理として納得できますが、2台目の査定金額が低かったのはどうしても納得できませんでした。

私は車の運転が下手なので、よくこすって車体に傷をつけたりします。
1台目の車の時はその度に販売店に持ち込み、高いお金を出して修理して貰っていました。
傷がそれほどひどいものではなくても、つけた場所によってはバンパーごと交換しないとダメだと言われました。

ただそのようにお金をかけて修理しても、実際に車を売る時にはその修理代が反映されていない気がします。
具体的に言えば5万円かけて修理したからと言って、査定額が5万円あがるわけではないのです。

また私は法定定期点検の他にも6月に一度の定期点検は欠かさず、またタイヤも少し減ったらこまめに交換したりしていました。
こちらもかなりお金がかかりましたが、やはり査定金額には影響していないようです。

査定業者は実際に車のどのような所を見ているのでしょうか?
業者に直接聞いてみましたが、曖昧な返事しか返ってきません。
これからもし車を売ろうとされている方がいらっしゃるとすれば、買い替えは別にして買取だけの場合は、できるだけたくさんの業者の見積もりを取ることをお勧めします。

業者によってはこちらが丁寧に乗ってきたことを斟酌してくれる所があります。
そのような所で少しでも高く売れることを願っています。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。