初体験の車の査定、ガリバー

私は現在アラフォーの女子です。
私が初めて車の査定を業者にお願いしたのは、自分が30代の前半、車はスズキのワゴンRのマニュアル車、中古で買ったのですが、あまりに乗らないため手放すことにした時です。

そもそも、私は特に車が好きでも、特に車に詳しいわけではなく、マニュアル車をたまたま運転できる免許を持っていたため、マニュアル車を手放したがっていた知人が安く譲ってくれたというだけの理由で、その車を所有していました。

駐車場を歩いて3分ほどの所に借りていたのですが、その距離を歩くのが面倒だったことと、出掛けた先で駐車場の心配をしなければいけないこと、そのため普段は自宅前に停めているバイクで動くことが多いこと、その3つの理由で雨以外の時はほとんど車を使うことがありませんでした。

でも使おうが使うまいが、車というのは所有しているだけで、維持費がとてもかかります。
借りている駐車場代、ガソリン代、メンテナンス代、自動車保険代車の税金等。
それほど稼ぎがあるわけでもないのに、この維持費は正直きつかったので手放すことにしました。

私は面倒なことが大嫌い。
車が好きなわけでもない。
その私が車を査定してもらうために中古車屋さんに電話をするのは、とても気が重いものでした。

しかし中古車業者のガリバーに電話したところ、その仕事の速さ、正確さ、負担の無さには驚かされました。
実際、電話をかけたらすぐに査定をしてくれる人が来てくれ、私は時間がかかると思ってその場に立ち会わなかったのですが、15分程で査定を終え金額を教えてくれました。

知人にアドバイスとして、幾つかの会社に査定してもらうようにすすめられていたので、すぐにその場では決められなかったのですが、すぐに返事が出来ない私に対して嫌な顔をすることなく、名刺を置いて帰っていきました。

仕事だから当たり前と言われてしまえばそれまでなのですが、私の家は決して交通の便の良いところではないので、正直手ぶらでかえるのは良い気持ちでは無かったのではないかと思います。
でもその業者さんは感じが良かったので、次に機会があっても面倒がらずに気軽に頼める気がします。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。