車を売るときカーナビはどうする?

車を売る場合はもちろん少しでも高いほうがいいですよね。
車種や年式や走行距離などはどうする事もできないので、きれいに洗ったりして少しでも見た目を良くするのはよくやると思います。
ではカーナビやアルミホイールといった高級パーツがついている場合はどうでしょう。
もちろんそれらは査定にプラスされると思います。
どれぐらいプラスされるのかはもちろん気になるので、査定の時にもし取り外したらいくらぐらいマイナスになるのか聞く人も多いと思います。
ではここで一つ気になるのはもし最初からカーナビが無かった場合、ついていた場合に比べてどれぐらい差があったのかという事です。
これはほとんどの場合、有りの車から取り外す時にマイナスされる分よりは少ないと思います。
なのでもしお気に入りのパーツが付いていて査定の値段次第では取り外したいと考えている場合は、こういった点も考慮するとよいでしょう。

車に対するこだわり方について思うこと


車に自己流のこだわりを持っていて自分の好みに改造している人がいますが、その改造が違反であるならやめた方がいいと思います。

多額のお金と時間をかけて満足するまで改造した車でも、その車で公道を走るときにはやっぱりどこか気持ちが落ち着かないと思うのです。ドキドキハラハラしながら自分の大事な車を維持するよりも、もっと安心できる賢い車の扱い方があると思うのです。

車の中のインテリアにこだわるのもオシャレや個性を十分に主張できますし、違反でない限りタイヤを太くかっこよくしてみるのもとてもいいアイデアだと思います。
自分の車にこだわりを持つことはステキなことですが、そのこだわり方を間違えなければもっともっと素敵だと思うのです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。