車の査定は最低3社以上に見積もり依頼を!

私が車の査定をお願いしたのは、今から3年前のことです。
結婚を機に、大阪から山形へ移り住むことになり、愛用していた車を運んでもらうのに10万円近く費用が掛かることを知り、車を持って行くのを諦めて廃車にするべきか悩んでいました。

愛用していた車は10年以上経過してましたが、無事故でしたので、ボディもまだ綺麗で、車検に出したばかりでしたし、エンジンなど全く異常のない車でした。

この車に愛着もありましたので、廃車にするには心苦しく、私の代わりに誰か乗ってくれる人がいたらと、友人知人に話をしましたが、10年以上経っている車は車検がすぐにきてしまうからという理由で、なかなか引き取ってくれる人は見つかりませんでした。
とはいえ、法改正後、10年以上経っても車検は2年に一度のはずなんですが、、

そんな中、職場の人が一度査定に出してみてはどうかと勧めてくれました。
そこで、まずどの業者に査定をお願いするべきか決めるためにタウンワークで探しました。
タウンワークには名称を聞いたことのない業者もありましたが、初めての査定で不安もあり、最終的に名称を聞いたことのある「アップル」、「ラビット」、「ガリバー」の3社にお願いすることにしました。

電話で査定の予約をする際、お店に出向くことが難しいと話をすると、どの業者も、私の車が停めてある駐車場まで来てくれることになりました。

また、予約した日には3社全ての査定が終わるように時間差で、「アップル」、「ラビット」、「ガリバー」の順で予約をしました。
「アップル」と「ラビット」は、ほんの数分で査定が終わったため、もっとちゃんとじっくり見てくれるのだと思っていた私には、少し腑に落ちませんでした。

そして、この2社の担当者は「査定額は1万円ですね。多分どこも買い取ってくれないし、1万円で買い取るのはうちくらいのもんだと思いますよ。」と横柄な態度で淡々と言うので、私は唖然となりました。
この2社には不信感しかなかったため、その場で売ることを断りました。

最後にお願いしていた「ガリバー」がこの2社と全く同じ対応をするなら、車を売ることを止めようと思っていたのですが、「ガリバー」の担当者の方はちゃんと時間をかけてじっくりと査定をしてくれました。

また、「一度事務所に戻って査定額を決めたいので、後程連絡します。」と、とても丁寧な対応でした。
その1時間後に担当者から連絡がきましたが、「査定額は6万円でした。もしこの金額に納得されない場合は、無理に売る必要はありませんし、査定は無料ですから安心して下さい。」と親切心のある対応でした。

私は、この業者なら車を売ってもいい、愛車を任せられると思い、車は「ガリバー」へ売りました。
初めて車の査定をして思ったことは、査定は金額も対応も業者によって違うということと、信頼できる業者を決めるためにも最低3社以上に査定をお願いした方が良いと思いました。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。