車の査定、事前の準備とタイミングが大事です

以前乗っていた車は特にコンディションが悪かった訳でもなかったのですが、荷台のスペースがもっと余裕のある車に変えたくて、売却する決心をしました。
2011年の2月のことになります。

先ず、車の無料査定ですが自分たちで買取専門店やディーラー、或いは中古車販売店などの店舗に直接、持ち込む事も出来ますし、業者に日時と場所を指定して来て貰うことも出来ます。

何よりも便利さを痛感したのは多忙な近代人に大助かりの、オンラインを活用した車の無料査定です。
利用する人も増加していると聞き、居住する地域に限定した情報を入手する為に、私たちもネットの一括査定サイトを利用して、愛車の大方の複数の会社の買取相場を把握する事が出来ました。

車を売却すると決めて即、これもネットでですが、様々な情報を出来る限り収集する様にしました。
理由は愛車の査定から買取までの過程を、スムーズに手続きが運ぶようにしたかった、この一言に尽きます。

それは単に車の買取価格に限らず、押さえて置かなければならない重要な事柄が多々、ある様に思えたのです。
例えば、売却前の愛車は可能な限り、キレイにする事もその1つです。

今まで私たちを安全に運んでくれた愛車への感謝も込めて、夫と共に入念に洗車や、車内のゴミ屑などの掃除、消臭などを行いました。

後は車の査定時に、自動車検査証(車検証)と自賠責保険証書の2種類の書類を準備する必要があることが分かりました。
これは車のダッシュボードにいつも入れているものでしたので、すぐに確認出来ました。

そして肝心の売却のタイミングですが、2月から3月が高額査定の可能性が高く、ベストの時期だと知りました。

査定業者の3月決算期の関係だそうですが、丁度、査定依頼を2月に行なった事もあり、これで私たちの愛車売却への意思は揺ぎ無いものになりました。
タイミングが功を成したといいますか、買取業者の選択も含め、愛車は最後まで私たち夫婦を「満足」させてくれた、唯一の車となりました。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。