車の査定の決まり方と、査定ポイントを上げる方法

乗った車は少しでも高く売りたいと思います。

売る時は必ず査定された結果の金額で売る事になりますので、中古車査定額を1社だけで判断するのはとても損をする事になります。

複数の業者に中古車査定をしてもらってから、それを比較し、少しでも高い評価をしてくれる業者に売る事が重要です。今ならネットで愛車を一番高く買い取ってくれる会社を簡単に探す仕組みが出来上がっています。基本情報を入力すれば無料で一括査定し、返答をくれます。

ここでの査定金額って一体何で決まるのか?は気になると思います。
これは中古車オークションの落札金額が基準に決まるようになってきているそうです。

昔は年式・走行距離を基準に査定が決まると言われましたが、現在の車の査定額は中古車オークションの落札額で決定していると言ってもいいでしょう。

業者を介入した査定額はオークション価格より低い金額で値づけされます。
いくらで値づけされるかは、業者によって差額でどれだけ儲けようとしているかによります。

商売の基本ですから安く買い、高く売ろうとします。
最初から高値提示はありません。
シンプルな仕組みです。

車を売るならば最も高く売れるのは、自分でオークションに出品する事です、もちろん低く売れてしまう事もあるので、最低落札価格の設定が必要です。

自分でオークションで売るには、登録作業や配送作業や準備等様々な手間とリスクがあります。
取引相手との間にトラブルもよくあると言われます、こういう面倒が嫌ならやはり、業者さんに任せるのが良いでしょう。
私もこの手間がイヤなので業者さんに任せました。

ですから、業者さんの中で、最も高く査定金額を提示してもらうには、まず一括見積、そこで一番高く査定してくれた所だけを決めるのは早いです。
何社か絞って、それぞれの会社に実際来てもらいましょう。
実際の査定はネット上の査定と変わってくるからです。

あと、査定金額を上げる為には、車の掃除はかかせません、必ず外装も内装も綺麗にして査定に挑んでください。

漠然と購入する先で下取り査定に任せるよりも、数万円レベルの得する事になる可能性は高いですから。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。